【未経験からはじめる内装職人】新人はどんな仕事をするの?初めの一歩を見学!

こんにちは。東京・神奈川を中心に、全国各地の軽鉄工事・金属パネル工事を手掛ける小野内装です。

弊社では未経験者や高卒の方の採用を積極的に行っておりますが、内装業は普段人の目に触れることが少ない仕事。

「どんな道具を使うんだろう?」「新人はどんな仕事をするの?」

こうした疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は内装業未経験で入社した方の最初のお仕事について、弊社の吉田に詳しく語ってもらいました!

職人が使う道具も紹介していますので、小野内装をはじめ少しでも内装業に興味がある方はぜひご一読ください。

 

まずは持ち物チェック!未経験者も知っておこう!内装職人の仕事道具

それではまず、内装職人が使う仕事道具の一例を見ていきましょう。

内装職人の仕事道具一例

建設系の仕事は金槌・ノコギリのイメージがあるかと思いますが、実は内装職人はこんな道具を使って仕事をしているんですよ。
内装職人 未経験 道具
・安全帯:高いところに登る時、足を踏み外しても落ちないように引っ掛けるための道具。
どんな現場でも必ず身につける、1番大事な道具です。
・インパクト:電動ドライバーのこと。
これが無くては仕事にならないほど、1番使う道具です。
アタッチメントは別途カラビナに付けて持ち運び、作業に合わせたものを取り付けて使用します。
・スケール:メジャーのこと。
家庭用とは違いしっかりした作りで、ベルト部分にかけることができます。
長さを図る機会も多いため、こちらも仕事になくてはならない道具の1つです。
・さしがね:L字型の金属製の定規です。採寸だけでなく、L字を活かして直角かどうかチェックする際にも使います。
・バイスプライヤー:材料どうしを挟んで固定するための道具です。空中でビス打ちする際などに用います。
・プライヤー:ペンチのこと。手では取りにくい狭い場所や固いもの(ビスなど)を取る際に使われます。
・ハサミ:家庭用とは違い、鉄を切るためのハサミです。紙は切れません。
・ビス:ネジのこと。
どんな現場でも対応できるよう、複数種類のビスを背中に回している腰袋に常備しています。

紹介したのは一例ですが、仕事で使う道具をすべて身につけると約20kgにもなります。

吉田:「もちろん新人のうちからすべての道具を持つ必要はありませんよ。仕事を覚えていく中で、徐々に使用できる道具を増やしていってください。」

 

内装職人の仕事道具は人それぞれ!?

内装職人 未経験 仕事道具

先ほどいくつか内装業で使われる仕事道具を紹介しましたが…実は職人が身につける道具は人それぞれ違います。
シャープペンやノートといった筆記具に好みがあるように、職人は各々が「仕事しやすい」と感じる道具を揃えているというわけです。

安全帯やインパクトといった基本は職人全員が持っていますが、人によってメーカーが違ったり、「コレがあった方が良い」という+@の道具を持参してもOK。

仕事のしやすさだけでなく、自分だけの道具があるとそれだけでモチベーションもグッと変わってきますよ。

吉田:「同じ道具でも素材によって重さは変わりますし、使い勝手や持ち運びのしやすさもメーカーなどによって異なります。自分にあった道具を少しずつ探していってください。」

 

内装職人未経験者が最初に覚える仕事3

それではいよいよ、実際の内装未経験・新人さんの仕事をチェックしていきましょう。
ここでは天井下地の現場における新人の仕事一例を紹介いたします。

天井下地のボルト作り

実はみなさんが目にする建物の天井は、分厚い一枚板ではありません。
天井の裏には電気の配線やダクトが通っていて、数十センチほどの空間があるんですよ。

内装業ではその空間にボルトを吊るし、みなさんが目にする天井を仕上げるための下地作りを行っています。
そのボルトの準備が、天井下地の現場で新人が最初に担当する仕事の1つです。

ボルトの作り方はこのような手順となっています。
内装職人 未経験 手順 ボルト
①ボルトにナットを挿し、回しながら入れていきます。
②ナットを10cmくらい入れたところで、その上にハンガーと呼ばれるパーツを入れます。
③ナットをボルトに挿し、回しながら入れ、2cmくらいのところで止めます。
④出来上がり。

小さい現場なら10~20本、大きな現場だと何千本単位で作ることになります。

吉田:「私も新人時代、1日中ボルトを準備する現場を経験しました。」

下地固定のクリップ装着

内装職人 未経験 バー固定作業 クリップ

新人さんが作成したボルトを使い、先輩たちが下地を吊るしていきます。天井下地は金属のバー(梁)を巡らせるような形になっていて、ボルトがないと吊るすことができません。

そして先輩が天井下地を交差状に吊るし終えたら、再び新人さんの出番です。

交差したバーにクリップと呼ばれる道具を取りつけ、バーどうしを固定していきます。
クリップをきちんと取りつけないとバーがグラついてしまうため、見かけによらず重要な仕事の1つです。

吉田:「ボルト作り同様現場によりますが、何千個、多い時は何万個単位で取り付けることもある作業です。」

 

パーツのカッティング作業

内装職人 未経験 カッティング 金属専用はさみ

先輩が使う材料を切り出して用意するのも、新人の内に多く経験する仕事です。
高速カッターを使用して、金属の材料を規格通りにカッティングしていきます。

仕事の下準備を整える、新人の内は”縁の下の力持ち”として活躍する仕事が多いというわけです。

吉田:「これも私が新人時代にたくさん行った作業です。しかし材料を切るだけとはいえ危険を伴いますので、高速カッターはきちんと使い方を教えたうえで触ってもらっています。」

 

内装職人が語る!未経験者にとって大切な事は?

最後に内装未経験者にとって大切なことを、弊社の吉田に語ってもらいました。

内装職人 未経験 吉田氏

どんな仕事にも真面目に取り組む

いくつか新人の仕事を紹介しましたが、最初の内は単純作業や仕事の下準備が多いですね。

吉田も語っていたように、大きな現場では同じ作業を1日かけて行うことも珍しくはありません。
しかしそうした基礎をまずは積み重ねること、これが内装未経験者にとって1番大切なことといえるのです。

内装業だけでなくモノづくりをする企業は色々な道具・材料を使いますから、現場に出て急に先輩と同じ仕事をこなすのは難しいことです。

未経験者の方は最初、どんな道具や材料を使うのか、その名前すら分からないことでしょう。
そこでまずは比較的取り組みやすい作業をこなしてもらい、徐々に仕事道具や材料の名前・使い方を覚えてもらっているのです。

内装職人 未経験 仕事内容

また基礎を真面目にこなしていると、「先輩の仕事をスムーズにするにはどうすべきか」を考える余裕が出てきます。
そしてその内何も言われなくても仕事の準備ができるようになり、新人から一人前に成長できるのです。

・・・このように基礎の積み重ねは内装業未経験者の方にとって、非常に大切なファーストステップとなっています。

吉田:「速い人で3ヶ月、長くても1年くらいでしょうか。飲みこみが早ければ、数ヵ月で先輩の仕事に参加できるようになりますよ。」

内装業の仕事は普段あまり見かけることはありませんが、こちらの記事をお読みになって未経験者の方が少しでも入社後のイメージを掴めていれば幸いです。

小野内装は未経験者の方でも一人前の職人になれるよう、最初の一歩から丁寧に指導しています。

高卒採用にも力を入れていますので、思い切って内装の世界に飛び込んでみたい方、大歓迎です。
内装業に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひお気軽に小野内装までお問い合わせください。

みなさんからのご連絡、心よりお待ちしています!

 

お問合せ

▽お問合せフォーム

    お名前
    電話番号
    メールアドレス
    お問い合わせ内容

    最新ニュース

    2022.05.10

    news

    工業高校3年生のための就職先の選び方|建設業はどのように会社を選ぶべき?

    ▽動画で見たい方はこちら▽ 高校3年生ともなると、今後の進路...

    最新ニュース

    2022.04.11

    news

    高卒でもぐんぐん昇給!建設業は稼げる夢がある!神奈川の内装会社編

    ▽動画で見たい方はこちら▽ 高校を卒業して、すぐに働こうと考...

    最新ニュース

    2022.03.12

    news

    【高卒で職人】福利厚生と給料UPの時期、組織編成まで会社の中を見せます

    小野内装は、軽鉄・金属パネル工事の専門家として、高い技術を持...

    最新ニュース

    2022.02.08

    news

    将来は社長も夢じゃない!? 工業高校卒業後、小野内装に就職してからのロードマップ

    ▽動画で見たい方はこちら▽ こんにちは。東京・神奈川を中心に...

    その他の記事一覧